profile

大 津 純 子 おおつ・じゅんこ(ヴァイオリニスト)

 

東京芸術大学、米国ジュリアード音楽院卒業。同音楽院在学中にジュネス・ミュージカル・インターナショナル 及び、カーネギー・ホール両者による招待にてニューヨーク・デビュー。ニューヨーク・タイムズ紙上、“卓越した演奏”“将来を大きく期待される演奏家”との高い評価を受け、以後、本格的な米国内外での演奏活動を開始。

セントルイス交響楽団、シモン・ボリバル・ヴェネズエラ国立オーケストラ他との協演、リサイタル・プログラム:<The Artistry of Junko Ohtsu>は、パブリックTVネットワークにて全米40都市以上に放映、米国各地でのラジオ放送出演も数多い。ロックフェラー三世財団より2年間に亘り特別グラント受賞。国際交流基金派遣にて ロシア、チェコ、オーストラリア、ベトナム、フィリピン、中南米諸国にて公演し絶賛される。

 

『ヴァイオリンの詩~ベル・エポック』、スペイン音楽選集『マラゲーニャ』(各・日本フォンテック)『Prelude to a Kiss』(BAJ Records)などCD5枚をリリース。 『マラゲーニャ』収録曲のE.グラナドス:ヴァイオリン・ソナタは、“素晴らしい録音・・・”(音楽評論家・諸石幸生氏)と評価高い本邦初録音となる。また、アメリカ女流音楽家と構成するEcco Trio(ピアノ・トリオ)によるアルバム『アメリカ』は<レコード芸術>誌「室内楽準推薦盤」に選出された。2011年2月、東北民謡集DVD『あいの風 ~ Wind from Northeast』をプロデュース・リリース(この収益全額は東日本大震災復興のために寄付)。その意想外な企画と、ヴァイオリンによる津軽・南部地方の民謡(編曲)演奏の新鮮なアプローチは称賛の的となる。

 

2002年、『Good Old Days』~ アメリカの<素敵な時代>室内楽シリーズ を企画・プロデュース。日本のクラシック音楽シーンの盲点であった“知られざるアメリカ”にスポットをあてた文化度の高い企画として各界の注目を浴びる。2004~2011年、イラストレーター・和田誠、ジャズピアニスト・佐藤允彦両氏と共に≪Junko and the Night and the Music≫シリーズを開催。3人の異なるバックグラウンドを生かしたユニークな企画は好評を博する。2012年、≪純子の音楽ミニ・キャラバン≫(小さなお子さん・学生さん対象に“音楽の楽しみ”を届ける出張演奏会)を開始。東京・代官山ヒルサイドプラザにて年2回開催の≪心のコンサート・シリーズ≫は2015年に10周年を迎えた。2000年より毎秋、国立情報学研究所主催による≪軽井沢土曜懇話会≫(情報工学における権威、故・猪瀬博氏開設)に招かれてレクチャー・コンサートを行っている。現在、執筆・講演の分野にも活動の場を広げている。