心のコンサートその31

Junko’s Heart-to-Heart Concert No.31
《音楽逍遥 その1》ウィーンを舞台に!
〜Musical Stroll in Vienna〜

チケット申込<心のコンサートその31>

9月に入り、ようやく酷暑から解放されて秋風が・・・と書きたいところですが、

どうやらまだまだ猛暑は続くとの予報とか。皆様にはお大事にお過ごしでしょうか?

 

異常気象による天災が世界各地で起きています。大規模な山火事、豪雨による大洪水、大型ハリケーンや台風などなど。犠牲となられました方々への追悼の思いとともに、

被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。天災への対処だけでも大変ですのに、私利私欲に取り憑かれて闘争・戦争を続ける人間たちの無神経さにはゲンナリします。でも惑わされることなく、意欲的に前進することが“社会に明るい灯火をもたらす第一歩に繋がる”と信じて歩んでいきたいですね。

 

10月22日(日曜)代官山ヒルサイドプラザにて午後3時半開演(開場午後3時)

<心のコンサート その31>のご案内を申し上げます。

今回は「音楽逍遥 その1」と題してウィーンにゆかりある作曲家たちの作品を取り上げて “音楽そぞろ歩き” を楽しんでいただきたいとの企画です。

 

音楽の都・ウィーンではハプスブルク帝国の宮廷文化の下、皇帝、貴族はもとより一般大衆にも音楽を愛好する市民文化が発展しました。そのため才能あふれる作曲家や演奏家がウィーンに集まってきたのです。18世紀から19世紀にかけては、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトたちが活躍し、19世紀後半から20世紀前半にかけてはブラームス、ブルックナー、マーラー、シェーンベルク、ベルクなどヨーロッパの近代・現代音楽の大作曲家たちがウィーンを拠点に活動しました。“ワルツ王”として大成功をおさめた生粋のウィーン人、ヨハン・シュトラウスの軽快なワルツは、豪華絢爛な楽友協会大ホールで毎年開催されるウィーンフィルハーモニーによる

ニューイヤー・コンサートでお馴染みですよね。ハプスブルク王朝の重要な歴史的建築が建ち並ぶ街並みは美しく、シェーンブルン宮殿(何と1441室もある!)や国立歌劇場、また、チラシに描かれているシュテファン寺院はウィーンの文化を代表する重要な建物です。1949年制作のクラシック映画『第三の男』に登場する大観覧車は“これぞウィーン!”と言える存在です。しっかり(笑)チラシに描き入れていただきました。

様々な魅力に溢れたウィーンを音楽で楽しんでいただけたら幸いです。

 

お申し込みに関してですが、9月6日〜8日にかけて電話での対応ができませんが、Faxでのご連絡は大丈夫とのことです。申し訳ございませんがご了承くださいませ。

では当日会場でお目にかかれますことを心待ちにいたしております。

どうぞご自愛くださいませ。

ニューヨークより  大津純子

2023年9月吉日

Junko’s Heart-to-Heart Concert No.31
大津純子 心のコンサート その31《音楽逍遥 その1》ウィーンを舞台に!〜Musical Stroll in Vienna〜

日時:2023年10月22日(日)開演15:30(開場15:00)
場所:代官山ヒルサイドプラザ(ヒルサイドテラス内)
入場料:一般5,000円 高校生以下 半額

演奏:大津純子・ヴァイオリン Junko Ohtsu, violin 
鷲宮美幸・ピアノ Miyuki Washimiya, piano

<プログラム>
(✫チラシにある “シューベルト:ソナティネ2番”は、ベートーヴェン:ソナタ第1番に差し替え。
Instead of Schubert: Sonatina No.2, Beethoven: Sonata No.1 will be on the program.)

* F.クライスラー (1875-1962):美しきロスマリン Op.55 No.4
 Fritz Kreisler: Schön Rosmarin Op.55 No.4

* L.ヴァン ベートーヴェン (1770-1827): ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ニ長調 Op.12-1
Ludwig van Beethoven: Sonata No.1 D major Op.12-1

I. Allegro con brio (明るく華やぎに満ちて)
II. Tema con Variazioni – Andante con moto (テーマと4つの変奏曲)
       III. Rondo – Allegro(ロンド – 快活に)

* J.ブラームス(1833-97): 4つの歌 Op.70 より
Johannes Brahms: from “4 Gesänge” Op.70
       
・セレナーデ (Serenade)
        ・ひばりのさえずり (Lerchengesang)

* R.シュトラウス (1864-1949): <即興曲 〜 アンダンテ・カンタービレ> Op.18
(ヴァイオリン・ソナタより第2楽章)
Richard Strauss : “Improvisation ~ Andante Cantabile” (Second movement from Violin Sonata Op.18)

* E.W.コルンゴールド (1897 -1957): <マリエッタの歌> オペラ『死の都』Op.12より  Erich Wolfgang Korngold: From the opera “Die tote Stadt” Op.12

* F.クライスラー/Fritz Kreisler (1875-1962):
愛の喜び (Liebesfreud)
愛の悲しみ (Liebesleid)
中国の太鼓(Tambourin Chinois)

* プラス α(アルファ):

F.レハール(1870-1948)/Franz Lehar: メリー・ウイドゥのワルツ
“唇は黙っていてもヴァイオリンはささやく”
The Merry Widow’s Walz ~ “Lippen schweigen, `s flüstern Geigen

協賛:株式会社ICMG, Do Good Associates,合資会社 大和川酒造店, ヒノキ新薬株式会社
協力:株式会社 小田原 鈴廣, 甲府ワインズ新富屋, NPOえこお, 株式会社 Dia-cubed
主催:大津純子室内楽実行委員会

今回のコンサートのチラシは、下記を御覧ください。
チラシ表面
チラシ裏面

お申込み・お問合せ:Tel&Fax: 03-3486-8740
Internet 申込み: https://www.junko002.com/
*Faxご利用の場合は、裏面の申込書をお使いください。